アクセス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日

『下水道展’18北九州』に出展いたします。

下水道展’18北九州

地中障害物対応型泥濃式推進(ミリングモール工法)
小口径長距離曲線推進(ジャット工法)
~下水道展’18北九州 出展のご案内~



 皆様益々ご隆盛の事、お慶び申し上げます。
平素は格段のご支援を賜わり 厚く御礼申し上げます。
このたびジャット協会では 下水道展‘18北九州に出展することとなりました。


ミリングモール工法
概要はこちら

都市開発で使用され、地中に残置されたままの障害物を切削貫通させ安全に
推進工事を行う泥濃式推進工法です。
推進掘削する前方の障害物を探査し、探知された障害物を1cm程度の切削片
として排出することが可能で、必要であれば機内からの薬液注入やGPSを使用
した掘進機の誘導ができる推進工法です。



ジャット工法(小口径・長距離・曲線推進工法):φ350㎜~φ700㎜
概要はこちら

ジャット工法は小口径でありながら、長距離、曲線推進が施工できる工法です。
展示ブースでは、パネル及び動画により、ジャット工法の説明及び施工実績の紹介を行います。


ご多忙中誠に恐縮に存じますが この機会に是非ご来臨賜りますようご案内申し上げます。


下水道展’18北九州②当協会出展ブース 建設ゾーン 小間番号C-822 
                                 MAPはこちら

会   場 : 西日本総合展示場 新館 【福岡県北九州市】
〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野3丁目8-1
※下水道展ホームページから来場事前登録をして頂きますと、当日スムーズに入場することができます。

来場事前登録で豪華なプレゼントが当たる☆
(詳しくは下水道展ホームページまで)

   http://www.gesuidouten.jp/index.html
下水道展’18北九州④


開催 日時 : 平成30年7月24日(火)~27日(金) 10:00~17:00
           ※初日 10:30~17:00 , 最終日 10:00~16:00
主   催 : 公益社団法人 日本下水道協会
後   援 : 国土交通省、環境省、経済産業省、文部科学省、全国知事会、
全国市長会、全国町村会、福岡県、北九州市、日本下水道事業団、
日本経済新聞社、TVQ九州放送
協   賛 : 公益財団法人 下水道新技術機構、
公益財団法人 北九州観光コンベンション協会など関係約60団体
.



2018年07月17日
スポンサーサイト

平成30年度定時総会 議事

平成30年度 第9回定時総会を開催しました。
ジャット1

ジャット2

ジャット4
平成30年5月11日(金)
ホテルモントレ グラスミア大阪

ジャット工法部会
ミリングモール工法部会
平成29年度事業報告
平成29年度決算報告
平成30年度事業計画(案)
平成30年度予算(案)
施工実績

をそれぞれ報告。
2018年05月23日

滋賀県長浜市 現場説明会

滋賀県長浜市 琵琶湖流域下水道 東北木之本西幹線川道3工区管渠工事
6/16(金)現場見学会を行いました。

掘進機に、園児の皆さんに絵を描いてもらいました。



DSCF1327.jpg
DSCF1352.jpg
DSCF1359.jpg

参加者・谷庄建設株式会社、株式会社サンキ、ヤスダエンジニアリング株式会社、カズ・コーポレーション、長浜西幼稚園等


2017年06月21日

工法現場説明会

精華11号汚水幹線築造(その5)工事


現場場内にて、JyAT工法 φ400㎜の工法説明会が行われました。
001.jpg
004.jpg
003.jpg


参加者 ・精華町役場・コンサルタント会社等、合計17名。
2017年05月15日

『下水道展’16 名古屋』 ご来場ありがとうございます。

お忙しいところ、また猛暑の中、当ブースにご来場いただき有難うございます。

皆様のおかげをもちまして、盛況のうちに下水道展を執り行うことが出来ましたことを

心よりお礼申し上げます。

下水道展’16 ミリングモール工法

ミリングモール工法のブースに大勢の人にお越しいただき有難うございました。
信長・秀吉・家康の三英傑によって、近世武家文化の花を咲かせた名古屋!
この名古屋の地にちなみ、ミリングモール工法もおおきな花を咲かせるべく
さらに技術を磨き安心・確実な工法をめざして、地中障害物と戦ってまいります。
障害物に遭遇したら、ミリングモール!
設計のお手伝いをさせていただきます。

下水道展’16 ジャット工法

6年前の名古屋店(2010年)以来 お蔭をもちまして小口径曲線推進工法の
ジャットとしての認知度も上がってまいりました。今回、たくさんの方にジャット
工法のブースにお立ち寄りいただき、ありがとうございます。
未来に向けて技術の拡充と、施工範囲の拡大を図り、更なる発展を目指す所存です。
今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします。
2016年08月03日
次のページ

このページの先頭へ


ジャット協会 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。