アクセス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日

『工業技術新聞』に掲載されました

優れた機能を搭載した推進工法
『ミリングモール工法』『ジャット工法』

『ミリングモール工法』

都市の地下には高度成長と共にインフラ整備された、上下水道や電力、通信、ガス、地下交通システムなどの地下構造物が埋設されており、これらを構築するために設けられたH鋼や鋼矢板が推進工法やシールド工法による施工の妨げになっている。
ミリングモール工法は、こうした問題を解決する為に開発された地中障害物対応型泥濃式推進工法で、地中に多数の障害物が予想される都市部の施工に特に最適である。

『ジャット工法』

CCDカメラセンサーが小口径・急曲線の掘進機位置を瞬時に測量することにより、小口径推進における長距離および急曲線の施工を可能にした推進工法である。

工業技術新聞
<工業技術新聞 平成24年8月20日 掲載>
記事を読む
2012年09月03日
スポンサーサイト

このページの先頭へ


ジャット協会 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。