アクセス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日

『下水道展’15東京』に出展します!

top_logo.jpg

下水道展’15東京にジャット協会(ジャット工法部会・ミリングモール部会)
出展いたします。


□□出展情報□□

ジャット工法

安 全:マシン位置の測量は地上からするのではなく、管内をCCDカメラセンサー(中継ユニット)で測量するため安全
     であり、地下埋設物や高圧線の影響を受けない。

急曲線:急曲線30mRの施工が可能。

長距離:滑材注入管、ポンプ筒、ロールコンベアレールなどにより、一工程で長距離推進(L=300m)ができる。

誘 導:GPS電磁波誘導装置により、確実に到達立坑のエントランスの中心に掘進機が測量誘導される。

小立坑からの発進・到達:掘進機を分解し、小さい立坑からの発進と到達が可能。

広範囲な土質に対応:粘土、砂、砂礫、玉石混じり砂礫、土丹、固結土、軟岩、岩盤などの土質に対応可能。

ブースでは上記ジャット工法のCCDカメラ測量システムとGPS電磁波誘導測量システムのデモストレーション及び
ジャット工法の概要説明を行っております。

ミリングモール工法

2007年にミリングモール工法を開発し、切削実験を重ね2012年に大阪府岸和田市で初めての施工を行いました。
管径φ1000mm推進延長432m、鋼矢板Ⅲ型を6箇所切削貫通させ、無事到達することができました。

2015年現在での施工実績は11件となり、様々な種類の地中障害物を克服してまいりました。

探査技術についても改良を重ね、より高精度で金属障害物を捉えることが出来るようになりました。切削技術も進化させ、切削ビットを交換可能とし(φ1000mm以上)直線的に超低速推進を可能としました。
これにより安定した切削が可能となり、推進力への影響が減少しました。

φ800mm~φ2600mmまでの施工実績があり、どの工事もトラブルなく順調に布設完了しております。
φ2600mmの工事では、初のスクリュー排土機構を取り付けた掘進機で施工を行い、無事完了しました。

CGアニメーションによる概要説明会と、より進化したミリングモール掘進機をご覧下さい。

皆様のご来場をお待ちしております。

下水道展’15東京

2015年06月09日
スポンサーサイト

平成27年度 設計積算要領をUPしました

平成27年度 設計積算要領

様々な障害物を切削した実績ができましたので今年度の設計積算要領より一部大幅な変更をしておりますのでダウンロードページよりご確認下さい。

平成27年度 設計積算要領
2015年06月08日

ミリングモール工法 実績表を更新しました

実績表を更新しました。

現在、4件追加で11現場の実績ができました。


2015年06月08日

このページの先頭へ


ジャット協会 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。